2018年2月21日水曜日

熱海桜のメジロと遊ぶのに最適なレンズ / The best lens to play with white-eyes and Atami cherry blossoms


2月の中旬に、咲き終わりの熱海桜に群れるメジロと遊んできた。去年ここに行ったときも、桜の終わりの時期だった。一週間早く行くといいのにな。でも、目的はメジロと遊ぶことなのでよい。

こういうときに使うのはAF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VRというレンズ。新しいレンズではないけれど、フォーカスが速いくて失敗が少ない。このレンズで去年の夏まで1年、波ばかりを撮っていたけれど、そのときの設定はf値開放、シャッタースピードは1/2500秒でISOオートだった。

メジロの場合、f値開放は変わらないけれど、波ほど絶え間なく移動し続けるものでもないので、シャッタースピードは1/1000秒でISOオートとした。

露出はスポット測光。とはいえメジロさんは、目が黒くて目の周りが真っ白なので、なかなかどうして、狙いづらい。

ISOの上限設定は6400にしてみた。日の当たる場所から日陰まで、ISOがどこまで振れるか試してみたところ、日陰でISO 6400に突き当たった。それ以外は640から3000くらい。

後で等倍で見たところでは3000くらいまでなら毛並みのディテールがちゃんと残る。とはいえ6400でもほとんど問題ない。

お気に入りは最初の逆光で産毛が輝くメジロ。ちょっと光が被ったけれど、そして、桜は咲き終わりだけれど、それでもいい。

I went to Atami in Shizuoka and played with birds named Mejiro, Japanese white-eyes. I was one week late for Atami cherry blossoms' peak but it was OK. What I want to do was play with the birds, not to enjoy the pink flowers.






うちにはミニチュアダックスがいて、よくあごのところをマッサージしてやるのだけれど、ああ、メジロのあの黄色いところをもふもふしたい!


もふもふ。

もふもふ。


もふもふしたい!


もふもふしたい!


おわり。

今回の機材

コメントを投稿